商品レビュー

SKIO(スキオ)の口コミや評判は?オバジとの違い・比較は?

KANNA
KANNA
こんにちは!元エステティシャンのかんなです♪

この度、ロート製薬から発売された美白毛穴ブースターの『SKIO(スキオ)』を試してみましたー!

洗顔後すぐに塗るブースターなんですけど、なんと化粧水を使わなくても良いっていうセラムなんですよ♪

とりあえずお風呂上りにサッと塗っておけば乾燥しないので結構重宝しています(*´ω`*)

・シミが気になる

・毛穴の凹凸が気になる

・毛穴の角栓が気になる

・乾燥が気になる

という方に特におすすめできる導入美容液です!

似たような美容液同じくロート製薬が出している『オバジ』もありますが、どう違うのかも実際に私自身が購入前に気になってメーカーさんにお問い合わせさせて頂きましたので、お伝えしますね!

SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラム を実際に使ってみた口コミ・レビュー

『SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラム』は、お風呂上り一番最初につけるブースター美容液です。

スポイトで取るタイプなので、無駄に出しすぎる事もなく、必要な量だけ取れるのが有難い。

このスポイトは取りやすいようにスゴイ考えられて作られたんですって♪

名称としては『美白美容液』なんですけど、テクスチャーはオイルです。

伸ばしてみると良くお分かりいただけるかなと思います^^

導入オイルだと思っておいた方が良いですよ!

ただ、私自身スキンケアの最後にオイルで仕上げるというのが結構苦手で、べた付きがどうしても気になってしまうんですが、これはスキンケアの一番最初につけるものなので、その後美容液、乳液と仕上げてあげると、オイル感は全然残りません♪

KANNA
KANNA
これはオイルのベタつきが気になるという人にもオススメできます♪

お風呂上りにとりあえず真っ先にお肌にのばしてあげると、それだけで化粧水の効果までも兼ね揃えたケアが出来るので、私はとりあえずこれだけ塗ってその後のスキンケアはゆっくりやっていますよ(*´ω`*)

お子さんが居てなかなか自分のスキンケアにまで時間をかけられないという方や、何工程もスキンケアするのはメンドクサイ!というような方にも良いかなと思います。

これを塗ってあげると、お肌にちゃんと浸透してくれてる!という感覚が良く分かります。

良い物が入っていく感覚があるので、お肌をいたわってる感じ。。

ビタミンCの美容液は私の肌に合うようで、使うと効果てきめんに毛穴がふっくらするのですが、これも毛穴の凹凸がフラットになったのはとても実感できましたよ^^

たまに違う美容液を使ってちょっとお休みすると、やっぱりファンデのノリが違う感じがあるので、この美容液のおかげだったんだなと思います。

モニターさんの検証だと、シミも薄くなったそうですが、シミは時間をかけて目立たなくして行くものなのでまだ1/3程の使用ではそこまで実感はありませんが、今後頬の高い位置にあるシミが薄くなってくれるのに期待です♪

オイルの伸びもかなり良いので、スポイトの半分程の量でも十分なので(100円玉大推奨)かなり長持ちしますよ^^

SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラムの機能や効果

SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラムは

・シミ

・毛穴

・くすみ

に特に効果的です。

ピュアビタミンC(美白有効成分)

サリチル酸(pH調整剤)

緑茶エキス(うるおい成分)

と、お肌の潤いを保つ成分もしっかり配合されているので、実際に使ってみた感想は乾燥肌の方にもお勧めできるなと思いました^^

お肌にハリがでて、化粧のノリが良くなったという声もありましたし、使い続けていると毛穴が小さくなる!という声も。

私と同じように使うのをやめてしまったら元に戻ってしまったという方もいたので、やっぱりビタミンCは使い続けることによって効果を実感することが出来ますね♪

SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラムの悪い口コミは?

と、ここまで良い事ばかりお伝えしてきましたが、悪い口コミとしてはビタミンCなのでお肌にピリピリ感が出る人もいます。

私は特に感じなかったのですが、初めてビタミンCの濃度の濃い美容液を使う方だったり、お肌が敏感な人はピリ付きがでるかも。

刺激が気になる方は化粧水を付けてからSKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラムを塗ってあげると刺激を感じにくくなりますよ^^

SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラムとオバジの違い

ビタミンCの美容液と言うと、同じくロート製薬が出している『オバジ』がありますよね。

成分や値段はどう違うのかもリサーチしてみました!

まず、オバジのビタミンC美容液には悩みのレベルに合わせて種類があります。

・オバジC5セラム 10mL…3,300円(税込)

・オバジC10セラム 12mL…4,400円(税込)

・オバジC10セラム 26mL…7,700円(税込)

・オバジC20セラム 15mL…8,800円(税込)

・オバジC25セラム ネオ 12mL…11,000円(税込)

値段が高くなる程ビタミンCの濃度が高くなります。

一方SKIOは…

・SKIO 26mL…5,280円(通常購入)

となっています。

同じ容量のオバジC10セラムの全成分は…

エトキシジグリコール、PG、水、アスコルビン酸(ピュアビタミンC)、DPG、トコフェロール、アーチチョーク葉エキス、ツボクサエキス、ラミナリアオクロロイカエキス、アッケシソウエキス、ベタイン、グレープフルーツ果実エキス、BG、香料

ちょっと価格の安いオバジC5セラムの全成分は…

エトキシジグリコール、DPG、水、アスコルビン酸(ピュアビタミンC)、トコフェロール(δ-トコフェロール)、アーチチョーク葉エキス、ツボクサエキス、ラミナリアオクロロイカエキス、アッケシソウエキス、ベタイン、グレープフルーツ果実エキス、BG、香料

SKIOの全成分は…

ビタミンC、茶エキス-1、サリチル酸、ビタミンE、レモンエキス、グリチルリチン酸2K、グルコン酸、乳酸、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、1,3-プロパンジオール、BG、3-メチル-1,3-ブタンジオール、PG、PEG-8、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、シクロ ヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、無水エタノール、エタノール、香料

となっています。

お値段が高い分、アーチチョーク葉エキス、ツボクサエキス等のお肌の引き締め成分や鎮静効果のある成分や、アスコルビン酸(整肌保湿成分)、トコフェロール(保湿成分)がオバジC10の方には入っていますね。

そのぶんSKIOの方には皮膚の角質を柔らかくさせる、サリチル酸、うるおい成分の緑茶エキスが配合されています。

また、

C5とC10の成分は同じなので、価格の差は純粋にビタミンCの濃度の違いになりますね。

成分的に豪華なのは、個人的にはオバジのような気がしますが、、

SKIOにはビタミンCの濃度の記載が無いので、公式サイトを見る限りではビタミンC濃度での比較はできません。

KANNA
KANNA
そのぶんSKIOはロート製薬独自技術の『ディープターゲットデリバリーシステム』で浸透の技術が優れているからね♪どちらにもそれぞれ良さはあります!

※追記

私自身、SKIOを使い続けるかオバジを購入するかとても悩んだので、メーカーさんに問い合わせてみました♪

その結果、詳細なビタミンC濃度については、商品のノウハウに関わるため公開をしていないそうですが、オバジCセラムの方がビタミンC濃度が高い製品との事です。

そして、それぞれどんな肌悩みの人におすすめなのかも教えて頂いたのですが、

SKIOシリーズは、角質に働きかけ浸透力が高いため、毛穴のざらつき等が気になる人に効果的。

オバジCシリーズは、より深い悩み(小じわ・シミ等)がある場合に効果的。

というアドバイスを頂きました♪

KANNA
KANNA
これでグッとそれぞれの商品が選びやすくなったね♪とても丁寧にアドバイス頂き、本当にありがとうございました!

私個人的にはもうアラフォーの方が近い年齢なので、小じわ・シミもめちゃくちゃ気になるので、『オバジC25セラム ネオ』でガッツリケアしようかなと思っています♪

SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラム│まとめ

毛穴の黒ずみや開きへの効果を実感している口コミが圧倒的に多い『SKIO(スキオ) VC ホワイトピールセラム』。

大手のロート製薬が出しているという安心感もありますよね♪

今現在は実店舗では期間限定でしか取り扱いが無いようなので、購入は公式サイトや大手通販サイトでの購入になります^^

ここまで効果を実感している人が多いと、今後販売店舗ももっと増えてくるかもしれませんよね!